食後の胃もたれも少ない焼肉の食べ方

香味野菜をたくさん用意!

はじめまして、ゆうたんと言います。
我が家で焼肉をする時は、家族みんなスパイシーなものが好きなので、色々な香味野菜を用意します。

例えば、ネギやミョウガを刻み、山わさびをすり、季節によっては庭で収穫したハラペーニョにミント、パクチーなどのハーブ類も用意しておきます。

その香味野菜を小分けのお皿に盛り付けて、家族思い思いの使い方をします。

お肉と一緒に焼いてみたり、タレや塩が入った皿に入れて独自の調味料を作ったり、お肉と香味野菜をサンチュに包んで食べたりしています。

香味野菜をふんだんに使い焼肉をするようになってからは、以前よりも、食後の胃もたれや体臭も気にならなくなりました。

 

香味野菜で四季を感じる

季節によって香味野菜の種類は変わるので、同じお肉の種類で焼肉をしても目新しさがあり、四季の料理をいただく事ができます。

香味野菜で四季を感じる焼き肉

これからの野菜の豊富な季節には、からし菜やわさび菜を刻んでトッピングしていただきたいと計画しています。

夏ならスパイシーに、冬ならあっためる効果のある香味野菜はいかがでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑