カロリーを気にせず食べられる焼肉

焼きこんにゃくでダイエット

YUMI4と申します。
我が家では育ち盛りの男の子が2人もいますので、月に2回ほどは焼き肉をします。
ただ、育ち盛りの子供に合わせていて気になるのはカロリーですよね。

 

ダイエットの天敵を味方に!?

定番の具材として必ず用意するのは、牛肉や薄切り鶏(主人が牛より鳥が好きなので)。
野菜は、なすびや玉ねぎ、トウモロコシにピーマンなどで、その日にスーパーに行ってみて安いものをチョイスします。

しかし焼き肉はカロリーが高く、ダイエットしたい私にとって、天敵の食べ物!!
そこで、変わり種の具材として、肉の代わりに「コンニャク」を焼きます。

 

こんにゃく焼肉お勧めの食べ方

大体1cm程の厚さに切り、ウインナーのように筋の切れ目を入れ、そのまま焼きます。
見た目はお肉に見えて、食べるとコンニャク!本当はガッツリお肉を食べたい所ですが、中々そうもいかず、これで我慢しています。

切れ目を入れておくことでタレが非常に絡みやすくなりますので、お肉ではないにしても味はなかなか。
育ちざかりの子供は逆にガンガンお肉を食べていますので非常にうらやましい限りですが・・。

ただ、中年太りを気にしている主人にもこんにゃく焼肉は好評。
タレは市販の焼き肉のタレで食べますのでお味は変わらず、私もカロリーを気にせず皆と一緒に食べれるから取りあえず満足です。

 

しめはだし汁を使ったさっぱり茶漬け

焼肉の締めはさっぱりお茶漬け

焼肉の途中でお肉と一緒にご飯を食べる方も多いと思いますが、我が家では焼肉中にご飯は食べません。
その為、焼き肉のシメとしてはご飯が欲しくなるところです。

自宅で焼き肉の時は焼き肉を焼いた鉄板で、主人が豪快に「焼き飯」にしてくれます。

また、外での焼き肉の時は必ず「おにぎり」を持っていきます。
いつもよくいく焼き肉専門店が持込OKのだからこそできる芸当ですが、それを鉄板の上で素焼きします。

程よく焦げ目がついたところで茶碗に入れて、だし汁をかけてお茶漬け風にして頂きます。
濃い味の焼き肉の後は、これを食べると、さっぱりして、お腹も満腹になります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑