ラグマットで焼肉の匂い移りを防ごう

焼肉

家の中で焼肉をすると、どうしても煙の匂いが染み付いてしまいがち。窓を開けて換気しても、壁紙に匂いがしみついているので、なかなか取れないんですよね。2日間ほど残ってたりするので、急なお客様がこられるときは困ってしまいます。でも壁紙や、床を水拭きするだけでも飛躍的に匂いを取ることができるんですよ。

床に油が飛び散っている可能性

まず焼肉で一番気をつけておきたいことは、床です。肉を焼くときに油が床に飛んでいることは結構あるからです。フローリングだとつるつるすべるようになるのですぐに気付くのですが、ラグマット おしゃれのようなものを敷いていると、そうはいかないんですよね。インテリア重視というか、ラグマットをおしゃれで選んでいる人は、機能面を良く見ずに安いものを選んでいることも。そういう場合、防臭機能を備えていないラグに、匂いがどんどん染み付いたり、油がついてなかなか取れなかったりと、そういったケースに陥ることもあります。ラグマットはおしゃれさで選ぶだけでなく、上述したように防臭機能があるものや、洗濯OKのものをお選びになると良いと思います。

おしゃれラグマットに注目

焼肉をするときは、ラグマットは移動させましょう。ラグはカーペットとは違って、敷き詰めるものではなく、一部分に配置するものです。移動できるように最初から考慮しておくと、焼肉をするときもサッと移動することができます。おしゃれラグマットは見た目のデザインの良さだけでなく、適度に配置できるサイズもきっちり計算して選びましょう。

焼肉の後のラグマットの手入れ

それでも焼肉の匂いが染み付いてしまったかな、と思われるなら、スプレー型の除菌剤やファブリーズのようなものを使ってみるのも1つの手です。油がついてしまったときは、軽く水付きできるウェットティッシュ等でふき取るようにこすってみて下さい。(素材によってはやらないほうが良いものもあります)ラグマットにシャギーのような毛がどれだけあるかでも変わってきます。マイクロファイバーのように毛がミクロに細かいものなら、水拭きもできますので、焼肉を頻繁にするならマイクロファイバーのラグマットのほうが良いかもしれません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑