一つ一つにこだわった焼き肉

焼き肉に贅沢なサザエ

皆さん、こんにちわ。
我が家の焼き肉は特段変わったところは無いと思っていますが、一つ一つにこだわっています。

焼肉といえば、多くの人が好きな料理ですね、
家での焼肉はホットプレートが主流で、最近のホットプレートでは平面の鉄板ではなくちょっとでこぼこしていて、余分な脂を下に落とすタイプが増えてきました。

しかし、我が家は、電気の網焼きできる器具を使って焼き肉をします。
そのため、平面のホットプレートにはない食べ方もできるので、こだわってずっとこれを使っています。

 

網焼き限定の贅沢レシピ

焼き肉の具は牛が一番人気ですが、そればかりだと経済が持たないこともあり豚・鶏もも肉も加えます。
味付けは焼肉のたれが万人受けして無難なラインですが、我が家では大人だけだと美味しいお肉なら塩だけの時もあります。

また、網焼き限定ですがサザエのつぼ焼きをします。
刺身用の殻入りのサザエが手に入ったら、網にサザエの蓋を上にして並べます。

サザエのつぼ焼きは難しそうに思いがちですが、殻が鍋の役割をして案外早く火が通り、状態によりますが10分くらいでブクブク沸騰してきます。

味付けはめんつゆもお勧めですが、さっとしょうゆを垂らしただけで、磯の香りのする美味しいつぼ焼きができあがりです。

 

干物は焼き加減に注意

他には干物も使います。ししゃもなど手近な物や、鯵の開きも早く火が通りますね。
昨今は大きな刺身用のアルゼンチン海老が売られていますが、これも我が家では大人気です。
味付けは塩だけでとても美味しいです。

焼き肉に使う干物

ただし、このような魚介・シーフードの時は、お肉以上に焼きすぎると特に硬くなるので、火の通り具合を見ながら、食べるようにします。
網焼きなら鉄板と違って火加減も分かりやすく、失敗しにくいと思います。

 

野菜は焼きよりも生を用意

キャベツを氷水に放してパリッとさせ、大ぶりにちぎっておきます。
甘酢だれも人気ですが、塩を振っただけ、あるいは何もつけなくてもOK。

お肉が焼けるを待つ間とかについつい手が伸びてしまい、ヘタな焼き野菜よりもパッと食べられる生野菜の方が意外と消費します。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑